ジャガイモ品種「ハロームーン」(北育22号)

長 所
  • いも数多く、多収。
  • ポテトチップ適性が高い。
  • 塊茎腐敗、打撲耐性は強い。
  • そうか病抵抗性に比較的強い。
  • ジャガイモシストセンチュウに抵抗性。
短 所
  • 「トヨシロ」より休眠が短い。
  • 「トヨシロ」より目が深めである。

(1)来 歴

道総研北見農業試験場において、油加工用品種の育成を目的に、「スノーマーチ」を母、「きたひめ」を父として交配し選抜を加え、「北育22号」と命名、北海道の優良品種に認定されている。

(2)特 性

 枯凋期は、「トヨシロ」より遅く「きたひめ」程度の中生である。終花期ころの茎長は「トヨシロ」より低い。
 いもの形は円。皮色は淡いベージュであり、肉色は白く「トヨシロ」に似ている。目の深さは「きたひめ」並みの中で、「トヨシロ」よりは少し深い。
 いもサイズは「きたひめ」、「トヨシロ」より小さいが、いもの数は両品種より多いため、収量では勝っている。でん粉価は「きたひめ」より高めで、「トヨシロ」程度である。ポテトチップ加工適性が高く、貯蔵開始時から4月までの適性は「トヨシロ」、「スノーデン」より優れている。サラダ適性は「さやか」、「トヨシロ」より劣る。
 休眠期間は、「トヨシロ」より短く、「きたひめ」程度の中である。
 中心空洞、二次生長は「トヨシロ」より少なく、「きたひめ」程度の微発生にとどまる。褐色心腐の発生は見られない。打撲耐性は「きたひめ」や「トヨシロ」より強い。
 ジャガイモシストセンチュウ抵抗性であり(H1遺伝子保有)、そうか病及び疫病による塊茎腐敗は、「トヨシロ」、「きたひめ」より強い。茎葉に罹る疫病やYモザイク病には一般品種並みに弱い。


*品種メニューに戻る*
*スタート画面へ戻る*