ジャガイモの出てくる 映 画  第38集

浅間和夫
 
391.『ヤンソンの誘惑』 (原題: Janssons frestelse, 英題: Jansson's temptation)
 1928年、スウェーデン映画。監督:ヨースタ・ロディン。
 この映画は、筆者が頼りにしている(株)メタモル出版1998年刊の『映画大全集』にタイトルさえ載っていない。しかし、同名の料理がスウェーデンやフィンランドの伝統的家庭料理となっており、似たように冷涼な北国に住み、側にジャガイモとタマネギが豊富にある人に話の種を提供したいため、取り上げることにした。(写真はja_wikipedia1による)
 ジャガイモ・アンチョビ・生クリームを使ったポテトグラタンである『ヤンソンの誘惑』(ヤンソンス・フレステルセ、瑞:Janssons frestelse、 英: Jansson's temptation)は、昔から知られる料理名としては、かなり変わっており、ポテト料理とさえ見当がつかず、その由来が知りたいところである。  スウェーデン人作家のグンナー・スティグマークは1989年に名づけ親は自身の母親であると書いている。即ち、この料理は古くから人気があり、当時は単に"アンチョビとジャガイモのキャセロール"と呼ばれていたが、1929年の新年パーティーでこのキャセロール料理を作ったグンナーの母がちょっとした思いつきで、1928年公開の標記映画にちなんでそう呼んだと。もうひとつは19世紀にいた宗教家で、絶対に肉や魚を口にしない菜食主義者エ−リク・ヤンソンが、ある日カリッと焼けた美味しそうな料理を見て信者を捨ててこそり食べたことに由来するとか、ウスターマルムの主婦、エルヴィラさんがパーティーでシェフの奥さんソフィアさんにアンチョビのグラタンを作らせたが、後になってエルヴィラさんが大好きな俳優が主役を演じた標記映画にちなんで、改めて名前をつけなおした。さらに加えれば、スウェーデン中東部ノルショーピン生まれのオペラ歌手Pelle Janzon (1844-1889)に由来しているとの説もあり、実際のところははっきりとはしていない。
『ヤンソンの誘惑』作り方・レシピは、
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1170012256/
ttps://macaro-ni.jp/22642


ジャガイモと映 画 第38集  (No.381〜) へ戻る
ジャガイモと映 画 第37集  (No.371〜) へ戻る
ジャガイモと映 画 スタート へ
 


*用語からの検索*へ行く
*ジャガイモ外国語辞典とジャガイモジョーク* へ行く
スタート画面へ戻る