クエール副大統領、スペル、potatoe

 ポテトエッセイ第120話

副大統領にイグノーベル賞【ジャガイモ博物館】

<2018年12月記入>
 日本でたまにですがジャガイモを"poteto"と書いているのを見かけます。英語が国語のアメリカ でもpotatoのスペルを間違うことがあります。
かって、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領(パパ・ブッシュ1989~1993年)の下の副大統領ジェームズ・ダン・クエール (James Danforth "Dan" Quayle, 1947年2月4日〜- )がその例です。
 そのあらましはこうです。
 彼は大統領選挙のキャンペーンでニュージャージーのある小学校を訪れました。そこでは[綴り字競技](Spelling Bee)をやっていました。12歳の少年が黒板に「potato」と書いたところでした。それを見ていたクエールは「惜しい」と言って、自身たっぷり、少年が書いたpotatoという文字の後ろに「e」を付け加え、「potatoe」としました。しかし少年のほうが正しかったので、彼は断固拒否しました。この様子が全米に放送され、トークショウに数カ月間笑えるネタを提供することになった。

 このことがあってから先生が生徒に「しっかり勉強しないと副大統領にな ってしまうよ」と言っている、と言うジョークも生まれてしまいました。彼は この外「ラテン・アメリカ諸国ではラテン語が話されている」などの発言を連発し、これらを理由として1991年にイグノーベル賞が贈られました。
 イグノーベル賞は、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられるものですが、 受賞理由は「科学教育の必要性を誰よりもよく論証したことに対して。」でありました。  potatoのtoは「ト」でなく「トウ」と発音するからtoe(つま先)などの例から考えればeが付くのは自然ですし、複数形ではsではなくesをつけてpotatoesになり、同様にtomatomの複数形はtomatoes、しかしmosquito(蚊)はsでもesでもよいから、うっかりミスもあり得えます。
蛇足ながら、アメリカでのpotatoの発音は、米国東部では「ポタートウ」、西部では「ポテイトウ」と二つあります。
 副大統領は知日派でした。従来閑職とされた副大統領による現場指揮が本格化するのはブッシュ・クエール政権からであり、彼が実務においては辣腕を発揮した事実も見逃すことはできないであろう。クエールは宇宙開発および産業政策を指揮し、国家宇宙会議議長に就いたり海外でも知られる副大統領であった。「未曾有」を「みぞゆう」と読んだ元A総理大臣に似たところがありますね。

*次へ* へ行く
*アメリカにジャガイモを広めた大統領*へ行く
*サクラフブキ*へ行く
* ポテトエッセイ U 目次 へ行く
* 当館内の"項目からの検索" へ行く
スター ト画面へ行く